文字サイズの変更

板橋区医師会在宅医療センター

ホーム >平成24年度 在宅医療連携拠点事業(在宅医療に関する地域住民への普及啓発)

平成24年度 在宅医療連携拠点事業

在宅医療に関する地域住民への普及啓発

各サービスの特徴と役割を理解する 災害時の自助力・共助力を高める
  1. 区民公開講座の開催
    H25年2月9日
    寸 劇:「退院前カンファレンス」
    講演会:「嚥下について」
  2. 災害時対応について
    板橋区医師会医学会
  3. HPによる情報提供と相談 ⇒12月公開予定
  4. 災害時における地域の自助、共助、公助を検討する
    Cure&Careミーティング等にて


  • 板橋区の高齢者比率約21%
  • 在宅にいる要介護認定者の約46%は独居である
  • 高島平地域の高齢者比約40%
  • 40年前に建てられたマンモス団地は団塊の世代の入居者が多く、ほぼ同時期に超高齢者となる。
  • 在宅療養を支えるチームについて、又は病院を退院する際の支援について地域住民が十分に理解しているとは言い難い
  • 災害時の対応について、地域全体で検討し、対応策を考える必要がある

昨年の区民公開講座 寸劇「退院前カンファレンス」


脳梗塞の妻、やさしく介護する夫、在宅医、訪問看護師、ケアマネジャー、訪問介護士
copyright(c) Itabashi zaitaku iryo center