文字サイズの変更

板橋区医師会在宅医療センター

ホーム > 研修報告 > 2017年7月「自立・自律を考える~行動を起こすポイントとは~」

研修報告 Cure&Careミーティング

2017年7月「自立・自律を考える~行動を起こすポイントとは~」

7月21日(金曜日) 19時から21時
テーマ 「自立・自律を考える~行動を起こすポイントとは~」
講師 板橋区地域リハビリテーションネットワーク 理学療法士・博士(健康科学) 阿部 勉先生
 平成29年度第2回CCは「自立・自律を考える~行動を起こすポイントとは~」というテーマで板橋区地域リハビリテーションネットワーク 理学療法士・博士(健康科学)阿部 勉先生に講師をお願いしました。
 リハビリテーションの視点からみた自立は状態(目的)、自律は行動(手段)であるということからお話が始まりました。自律を促進する心理として自己効力感(自己に対する信頼感や有能感)があり、まずは参加者が自身の自己効力感 知ろうとワークを行いました。結果は自己効力感が高い人、低い人様々でしたが、自己効力感の考え方はリハビリテーションに限らず普段私たちが仕事をする際、様々な場面で役立つ考え方でした。さらに自律を支援するための行動の法則性として、「意欲があるから行動するのではなく、行動後の準備と行動後のフォローが行動の意欲を引き出す」と学び、実践では「利用者の意欲がない」と判断してしまいがちであるが、実は支援者が利用者の意欲を引き出せていないのではないかと、意欲を引き出す具体的な方法を教えて頂きました。
 そして最後にこれからは、自律と他律、他者の力も借りて両方のバランスを取りながら合律という考えを持つことが必要だと学びました。
文責 塩原
 
copyright(c) Itabashi zaitaku iryo center